2006年

地域創成学生参画教育プログラム

2006年12月WMV

「地域創成型教育モデル」を目指す、本モデルは、キャンパス外の体験活動や問題解決学習を仕組むことによって、今日の学生に欠けていると言われる課題探求力や問題解決力を養うというだけではありません。

教育活動それ自体が地域を動かし、地域の再生に働きかける教育プログラム事業という意味で、新発想の教育開発プロジェクトです。


地域創成学生参画教育プログラム
棚田学習 再生する(0:27:35)
環境教育 再生する(0:21:02)
ユニキッズクラブ 再生する(0:12:51)
情報メディア論 住環境材料工学 再生する(0:26:18)

ブレンディッドラーニング

2006年12月WMV

eラーニングをどのように利用すれば、より高い学習効果が得られるでしょう?

この課題に対するひとつの回答として、これまで本学が実践してきたVOD型eラーニングに討論形式の対面授業を組み合わせることを試みました。この新しい授業形態を、『ブレンディッドラーニング』とよびます。この目的は、受講者の発表技術を向上させながら、能動的思考を引き出し、発展的学習を導くことです。

平成18年度には、『芸術と表現(映画製作論)』、『佐賀環境フォーラム』、『チャレンジ・ベンチャービジネスⅡ』の3科目実施しました。


ブレンディッドラーニング
芸術と表現(映画製作論)
担当教員:西村 雄一郎(2006年前期)
再生する
佐賀環境フォーラム
担当教員:宮島 徹(2006年後期)
再生する

教職10年経験者研修

2006年12月Flash

平成18年8月7日に開催しました「教職10年経験者研修」をインターネット配信用として、スタジオで再収録し公開しています。

教職10年経験者研修

『授業改善・学校改善論−授業を改善すれば学校が変わる−』
担当講師:倉本 哲男
文化教育学部附属実践総合センター

第1回(0:31:02) 第2回(0:38:52) 第3回(0:34:56)

佐賀大学 干潟環境教育サテライト「むつごろう館」開所式

2006年12月WMV

「むつごろう館」開所式
再生する

期日:平成16年10月16日(月)
場所:佐賀大学 干潟環境教育サテライト、鹿島市七浦海浜スポーツ公園体育館

【開所式】
司会進行:五十嵐 勉(地域貢献推進室室長代行)
挨拶:小島 孝之(佐賀大学理事・副学長)、桑原 允彦(鹿島市長)
テープカット:
小島副学長、桑原市長、光武 学(七浦地区振興会会長)
岡本 忠好(七浦地区振興会企画開発環境部長)
松本 靖男(七浦地区区長会会長

講義Ⅰ:
武田 淳(農学部教授) 有明海と韓国の干潟漁撈
講義Ⅱ:
中村 安弘(七浦地区振興会) 有明海の渡り鳥と干潟・湿地の保全
干潟体験・ミニガタリンピック・むつかけ漁実演見学

eラーニングシンポジウム in SAGA

2006年11月WMV

本学のeラーニングの実践において、問題点と解決策などを検証しながら、日本のeラーニングの展開において何が不足しているか、何をすれば良いか、教育改革に本当に役立たせることができるのかなどについて討論を行いました。

期日:2006年11月11日(土)

eラーニングシンポジウム
挨拶:
実行委員長挨拶
小島 孝之
再生する
主催者代表挨拶
長谷川 照
再生する
質の高いeラーニングの普及を目指して
福島 哉史
再生する
基調講演:
世界のeラーニングの現状と期待
清水 康敬
報告:
実行委員長挨拶
穗屋下 茂
医療GPの実施状況
『eラーニングは教育改革にどう役立つか』:
高崎 光浩
再生する
熊本大学・信州大学事例紹介 再生する
パネルディスカッション:
パネリスト:
清水 康敬・大森 不二雄・不破 泰・穗屋下 茂
コーディネーター:近藤 弘樹

ごみを宝に!~伊万里「環の里」計画と佐賀大学との連携~

2006年4月WMV

伊万里「環の里」と佐賀大学の取組を紹介したビデオ

ごみを宝に!
再生する

著作:伊万里「環の里」計画、佐賀大学
制作日:2006年3月

ページの先頭へ

佐賀大学 eラーニングスタジオ Tel & Fax 0952-20-4731map

Copyright © 2002-2012 Saga University e-Learning Studio.