配布用ポスター(PDF)
ポスター


▼お問合せはこちらから▼
safariの方はこちらから


 
 平成18年11月11日盛況のうちに無事終了することができました。多数のご参加ありがとうございました。

        

  eラーニングは教育改革のツールとして期待されています。本学では、2002年度から単位の取得できるネット授業(VOD型eラーニング)を、他の国立大学に先駆けて実践してきました。
  本学のeラーニングの実践において、問題点と解決策などを検証しながら、日本のeラーニングの展開において何が不足しているか、何をすれば良いか、教育改革に本当に役立たせることができるのかなどについて討論を行います。

期 日

 平成18年11月11日(土)

場 所

 

佐賀大学 理工学部6号館1階大講義室 (本庄キャンパス)

募集人数

終了いたしました。

 100名(入場無料) 

参加者対象

  ・現代GP採択校 (H16年度、H17年度、H18年度採択校 約45校)
  ・eラーニングを実践している大学、開始したい大学
  ・小中高校、その他eラーニングに興味のある団体

スケジュール 

10:00〜12:00  eラーニングスタジオ見学(随時)

  ・スタジオ見学:講義コンテンツの制作について
   学習管理システム(NewNetWalkers)の説明

13:00〜15:00  挨拶・招待講演等

   司 会:角 和博(佐賀大学文化教育学部附属教育実践総合センター)
   実行委員長挨拶:小島 孝之(教育担当理事)
   主催者代表挨拶:長谷川 照(佐賀大学長)

 
  質の高いeラーニングの普及を目指して
   福島 哉史(文部科学省高等教育局専門教育課主任)
   
  世界のeラーニングの現状と期待
   清水 康敬(メディア教育開発センター理事長)
   
  佐賀大学ネット授業の実施状況
   穗屋下 茂(ネット授業実施担当)
  医療GPの実施状況(医学部よりTV会議システムにて参加)
   高崎 光浩(医学部附属病院医療情報部)

15:15〜17:15 シンポジウム

  
  eラーニングは教育改革にどう役立つか
   コーディネータ:
     近藤 弘樹(佐賀大学高等教育開発センター)
   パネリスト:
     清水 康敬(メディア教育開発センター理事長)
     大森 不二雄(熊本大学:『教授システム学専攻』の事例紹介)
     不破 泰(信州大学:事例紹介)
     穂屋下 茂(佐賀大学)

18:00〜20:00 懇親会 (参加費3,000円)

 
主     催:
 佐賀大学 ネット授業推進委員会       実行委員会:  ネット授業研究委員会、高等教育開発センター
後     援:
 佐賀県、佐賀県教育委員会、佐賀新聞社、NHK佐賀放送局、STSサガテレビ
連  絡  先
 学務部教務課(教育支援係)  TEL     :
  0952-28-8164
 
eラーニングスタジオ        TEL/FAX :

  0952-28-8907