-----事業概要-----

  本事業は、文部科学省生涯学習政策局による「eラーニングによる人材育成支援モデル事業」 で、全国で5つのモデル地域 (北海道、岩手県、埼玉県、富山県、佐賀県)が選出されました。事業実施期間は平成17年度から2年間です。
 本事業の目的は、若者自立・挑戦プラン(平成15年6月10日 若者自立・挑戦戦略会議決定)の強化策の一つとして文部科学省・経済産業省・厚生労働省とが連携し、学生・フリーター等の若年人材等が「いつでも」「どこでも」「誰でも」手軽に学び直しや職業能力の向上ができるeラーニングを活用した「草の根eラーニングシステム」の構築であります。各モデル地域において、地方公共団体、大学・短期大学等の教育関係機関が中心となり、ジョブカフェ等の若者の就職支援の機関と連携したコンソーシアム(協議会)を形成し、地域の特色を活かした職業意識や職業能力向上のためのeラーニングを試行します。