講座案内

 eラーニングの聴講期間は平成21年12月~平成22年3月で、聴講できるコースは随時更新されます。1つの講義が約15~80分で、長い講義は聴講しやすように3~5パートに分けられています。

配信スケジュール

配信スケジュール

※ コースの内容・スケジュールは変更になる場合があります。
※ 講師は全て大塚清吾

伝統工芸と匠

 佐賀県の伝統工芸といえばまず有田焼が思い浮かびますが、有田焼以外にも様々な伝統工芸があり、素晴らしい技術を持った匠たちがたくさんいます。この講義ではその中から、担当講師である写真家・大塚清吾が出会った匠たちの技、そしてその歴史について学びます。

画像へのアプローチ

 デジタル表現の基礎には、写真に代表される静止画を構成する構図の考え方が必要です。そこでこのコースでは動画の基本ともいれる静止画の見方と考え方を理解することを目標としました。また、中国や日本の歴史も学べるコースです。

シルクロードと仏の道

 1979~80年のシルクロードの取材で、現在では撮影することが許されない仏像・壁画の数々を撮影してきた大塚清吾。当時の日本と中国との関係の中で生まれた貴重な体験を、写真を通して語ります。仏像・壁画を仏教美術として学ぶだけではなく、文化伝承の側面から、如何にして日本に伝播したのかについて学びます。

佐賀大学 eラーニングスタジオ
〒840-0047 佐賀市与賀町西精1340  先端研究・教育施設 研究室15
Tel/Fax:0952-20-4731

お問合せは【 お問合せフォーム 】からどうぞ