HOME > 活動報告 > 学術講演会「9・11以後のアメリカ」

活動報告

学術講演会「9・11以後のアメリカ」

日時:
平成25年5月13日(月) 14:40〜16:10
場所:
佐賀大学教養教育棟125番教室
対象:
学生、教職員、市民

佐賀大学アメリカ社会文化研究所(所長:早瀬博範)では、慶応義塾大学教授、巽 孝之氏を本学にお招きし、学術講演会「9・11以後のアメリカ」を開催いたします。巽教授は、日本を代表するアメリカ文学・アメリカ文化研究者です。巽氏の基調講演と、氏を中心にパルディスカッションを行います。巽氏を囲み、学生と本学教員、更には市民の方と一緒に、アメリカの今に迫りたいと考えています。参加費は無料です。多くのご参加をお願いいたします。

第1部

基調講演

講師:
慶応義塾大学教授 巽 孝之氏
演題:
「惑星思考のブラックユーモアー9・11以後の視点より」

講師プロフィール

第2部

パネルディスカッション「9・11以後のアメリカ」

司会:
早瀬 博範氏 佐賀大学アメリカ社会文化研究所所長
講師:
巽 孝之氏 慶応義塾大学教授
高野 吾郎氏 佐賀大学准教授
鈴木 繁氏 佐賀大学教授

講師

巽 孝之(たつみ・たかゆき)
Takayuki TATSUMI

1955年東京生まれ。コーネル大学大学院博士課程修了(Ph.D, 1987)。慶應義塾大学文学部教授。アメリカ文学専攻。
主著に『サイバーパンク・アメリカ』(勁草書房、1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞)、『ニュー・アメリカニズム』(青土社、1995年度福沢賞)、『リンカーンの世紀』(青土社、2002年)、Full Metal Apache (Duke UP, 2006)。代表的論文に "Literary History on the Road" (PMLA [January 2004]) 、編訳にダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル、第2回日本翻訳大賞思想部門賞)ほか多数。

お問い合わせ

佐賀大学アメリカ社会文化研究所
〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄1
TEL & FAX 0952-28-8257
Copyright © 2013 Saga Univ.. All Rights Reserved. ページの先頭へ